01 | 2018/02 | 03
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
PROFILE
miyuki voice
  • miyuki voice
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS1.0
MENU

SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
子どもにやさしいまちづくり
3月31日、仙台市エルパークにて「震災から3年目の子ども支援を考える意見交換会」が開かれました。
NPO法人ロージーベル、チャイルドライン宮城、イケアジャパン(株)、全日本自治団体労働組合、ケアみやぎ、宮城県子育て支援課、セイブ・ザ・チルドレンジャパン、日本こどものための委員会、日本ユニセフ協会など、子ども支援に取り組む多様な団体、個人が集まりました。また、福島から自主避難している親子の団体からの参加もありました。
講師の森田明美東洋大学教授は、「既存の社会福祉制度は復旧するが、それでは太刀打ちできないほどの「生活の困難さ」があり、新しい復興のストーリーを作らなければならない。」と指摘しました。 荒牧重人山梨学院大学法科大学院教授からは、「子ども条例の制定に向けて」として、子ども・親・地域の「ここがダメ」から出発する姿勢や、「子どもの健全育成」の問題点など、条例制定に向けた基本の姿勢が説明されました。

子どもにやさしいまちづくりの基盤として、差別の禁止、最善の利益、生命および最大限の発達にたいするすべての子どもの権利、子どもの声に耳を傾け、その意見を尊重するユニセフの子どもにやさしいまちー行動のための枠組み-の視点を宮城県の「子どもにやさしい条例」づくりにつなげるように取り組んでゆきたい。
【2013/04/07 22:34】 MIYUKI VOICE
このページの先頭へ
| BLOG TOP |
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。