10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
PROFILE
miyuki voice
  • miyuki voice
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS1.0
MENU

SEARCH
震災から5年4カ月。7月11日 ライオンズクラブ活動を通じて支援の輪を!
私は、ライオンズクラブに入会して今年で15年になります。
当時会員が減少する中、アイバンクの街頭募金、NPO公開コンペ等行いました。市民みなさんやNPOの皆さんとの交流を通じて、メンバーに笑顔が広がりその後会員も徐々に増えていきました。
「アクティビティを積極的に行うこと」がライオンズクラブの活性化と新たな会員の誕生につながることを実感しました。
東日本大震災の震災復興の取り組みとして、「ライオンズクラブ心の復興プロジェクト」をはじめ、名取市の閖上の仮設住宅の支援において、332―C地区の各クラブをはじめ、330-A地区の各クラブのみなさんから継続した支援のご協力をいいただき心より感謝いたします。今年の盆踊りは地元の3地区の自治会の協力で開催することになり、『ライオンさんが来た!』と呼ばれるようになりました。
熊本地震の募金活動においても、急な呼びかけにも関わらず多くのクラブから参加し、多くの募金が集まりました。
東日本大震災から5年。東日本大震災の教訓を活かす取組、ライオンズ防災まつり「L-1グランプリⅡ」(仮称)も予定されています。
ライオンズクラブ100周年を迎える今、岩本正郁ガバナーを先頭に、震災からの復興、今を生きる子どもたちの未来のために、多くの主体と連携した取組が始まっています。
その中でライオンズクラブのアクティビティとして青少年健全育成は需要な柱です。教育政策において地域課題の解決に向けて「教える。」から「共に考え行動する。」アクティブ・ラーニングの実践が始まります。
今期、ライオンズクラブ活動において、「人に、地域に、そして世界に心を込めてWe Serve」をスローガンに、地域で抱える課題の解決に向けて、各クラブと連携し共に考え行動する「アクティビティ」を通じて、かけがえのない仲間の輪を広げてゆきたいと思います。


第1R第2ゾーン・チアパーソン 遊佐美由紀


【2016/07/15 20:34】 MIYUKI VOICE
このページの先頭へ
| BLOG TOP |
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES